ダウン症のこと

ダウン症児の靴問題

  • LINEで送る

こんばんは!みなくんパパです

今回は、ダウン症の足に関わる問題についてです。

最近やっと歩行らしいことをしだしたみなくんも、発達の遅れからくるもの以外に、ダウン症特有の足の特徴があり、靴選びが結構大変です。

そんな足の特徴のお話をしたいと思います。

ダウン症の足の特徴

先ずは、足にどんな特徴があるのか。

個人差や、程度、合併症などにより異なりますが、全身の特徴として、筋肉の低緊張と関節の柔らかさがあるので、足首、膝が不安定です。

その他、土踏まずが低く、かかとが内側に倒れる外板扁平足や、足のサイズが小さかったり、外反母趾であったりするそうです。

みなくんも現在2歳ですが、例に漏れず、関節の柔らかさ、低緊張、扁平足があり、歩き始めたばかりですが、変わった歩き方になっています。

歩き方が変なだけならまだしも、足首がしっかり固定されず、不安定で、バランスも崩しやすく、身体への負担も大きくなります。

なので、みなくんも、なるべく足への負担を減らして、バランスよく歩けるように、PTの先生と相談しながらインソールを作り、装具用の靴を履いています。

みなくんの靴&インソール

みなくんは、足型に合わせて作ったインソールと、ジョグウォークという装具用の靴を愛用しています

インソールの入れられる靴はかなり限られていて、あまり種類がありません

カラバリもあまりなくて、おしゃれはできませんね笑

まあ、でもギリ許せるレベル。

形の特徴としては、普通の靴に比べてかなりゴツくて、ガッチリしています

それ以外はこれといった特徴はなく、サイズさえ合えば誰でも履くことができます

そして、この靴。

約8000円ほどします、、、。

保険適用外です。

超高級kicksですよ

そして、この中に入っているのがインソール

オレンジ色のやつです。

取り出すと、、、

こんな感じでみなくんの足に合わせて作ってあります。

すごい立体的です

このインソールで扁平足を改善して、靴で足首を固定します。

みなくんも、歩き出したばかりですが、裸足の時より靴を履いている時の方が歩きやすそうです。

そして、このインソール

約40000円ほどします

ですが、こちらは保険が使えて、市の子ども医療費助成で自己負担はありませんでした

合計5万の靴です

スニーカー好きもビックリなお値段です笑

しかし、みなくんの今後の足のためです!

早く一緒にお散歩出来るといいな

というわけで、今回は足の特徴と、みなくんの靴の紹介でした

それでは!

  • LINEで送る