家族のこと

ダウン症児の子育てとママの社会復帰!お仕事ってできるの?

  • LINEで送る

お久しぶりです、ママです。

納期が迫ってくるとどうしても時間との戦いになってしまい、ブログをさぼってしまいます。笑

 

 

ダウン症などの障害を持っている子を育てていると、お仕事などできないのではと悩む人が多いかと思います。

 

 

結論から言えば、ママもお仕事できます。

 

 

パパがフルタイムで働いて、ママは専業主婦に…

いいですよね、サボりたい系女子のママには理想的です。

でも我が家にそんな余裕はありません!

 

 

実際、ママは産後1週間でお仕事を再開しています。

みな君のお昼寝中やパパに寝かしつけを頼んで夜な夜な…

在宅でのお仕事なので産休育休などないのです!

 

 

しかし、産後は体を休めるべきですよ!!

ママの場合は「もうすぐ36週だしそろそろ仕事セーブしようかな〜」と思っていたら生まれてしまったので、納期のせまっている仕事があり休むに休めませんでした。

 

 

「在宅でのお仕事なんて、技術がないと無理じゃん。」と思う方もいると思います。

でも最近では在宅ワークの幅も広がり、「タイピングができれば!」とか「電話対応ができれば!」なんてお仕事も増えています。

気合を入れて取り組めば在宅でもフルタイム並みの収入を得ることができます。

 

 

もちろん、職場復帰されている障害児ママもたくさんいます。

ダウン症の子を0歳から預けているという方も知っています。

 

 

ママもみな君がもう少し大きくなったら保育園に預けて、フルタイムのお仕事しようかな〜と思っています。

 

 

正直なところ、ダウン症などの障害を持っているから大変かと言うとそんなこともないです。

みな君の場合はダウン症のなかでも軽度に分類されるからかもしれませんが、

重い喘息やアトピーを持っている子や人見知りの激しい子のほうがよっぽど大変そうだなと思います。

 

 

定期的な通院やリハビリなど、ケアが必要な部分は確かに多いですが、

健常の子でも体が弱い子ならしょっちゅう通院するだろうし、リハビリも習い事という感覚です。

 

 

「健常児でも障害児でもその子にあったケアをしてあげる」

そのためにママの時間をどれだけ使う必要があるのか、預け先を見つけてお仕事をする時間が確保できるのか。

それを考えた結果、健常の子でもママが社会復帰できないってこともよくありますよね。

 

 

「障害を持っている子を産んだら、一生その子に私の時間を使わなくてはならない」

 

 

そんなことないですよ。

福祉施設や一般の保育園など、助けてくれる機関はたくさんあります。

もちろん、祖父母に手伝ってもらっている方もたくさんいます。

 

 

考えて、話し合って、探して、頼って、助けてもらって、

どんな子を育てるときもやることは一緒ですよね。

要は、どこまで考えて、覚悟して子どもを産んだかってことだと思います。

 

 

なんの覚悟もできていなかったママは、みな君を受け入れるまでに2週間ほどかかってしまいました、、

あの可愛い期間はもう戻ってこない、本当に申し訳ないことをしたなと反省しています。

 

  • LINEで送る

コメントを残す

*